制約プログラミングライブラリ iZ-C


iZ-C の適用事例については弊社 Webページもご覧ください。

iZ-Cの使用許諾条件について

iZ-Cの使用にあたって使用許諾料は必要ありませんが、使用の目的によって 2通りの使用許諾条件を設けています。

◆ 研究・教育・学習等、非営利目的で個人的に使用される場合

  1. 本ソフトウェアに関わる権利、所有権、知的財産権は全て、 (株)NTTデータセキスイシステムズ又はその供給者に帰属します。
  2. 本ソフトウェアの使用で生じたいかなる損害についても、 弊社は一切の責任を負いません。
  3. 弊社は本ソフトウエアが有用であると考えていますが、本ソフトウエアの動作や 何らかの目的に合致することは保証いたしません。
  4. 以下の行為は禁止しています。
    • 本ソフトウェアを賃貸、貸与、又は再使用許諾すること
    • 本ソフトウェアをもとに類似品を作成すること
    • 逆アセンブル、リバースエンジニアリング等、本ソフトウェアを解析する行為
    • その他著作権法に違反する行為

◆ 再頒布される場合や業務目的で使用される場合

有償/無償を問わず、本ソフトウェア又は本ソフトウェアを使用した ソフトウェアを頒布される場合や、業務ソフトウェアに組込んで使用される場合などが相当します。

これらの場合は個別に相談させていただきますので
   iz-master@ml.ndis.co.jp
までメールでご連絡ください。

使用許諾条件に同意される場合は以下のチェックボックスをチェックし、次に進んでください。

使用許諾条件に同意しました。